Asus、7型4コアEee Pad MeMO と フルHD Transformer Prime を発表

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2012年01月10日, 午前 02:53 in android
0シェア

CES 2012 で、Asus がAndroidタブレットの2012年ラインナップを発表しました。新製品は7インチ画面のEee Pad MeMO がME171 / ME370T の2機種、登場したばかりのEee Pad Transformer Prime 上位版が1機種の計3モデル。

まず Transformer Prime のバリエーション TF700T は、4コアのTegra 3 プロセッサはそのまま、ディスプレイを新たに フルHD超 (WUXGA) の1920 x 1200 スーパーIPS+ 液晶にしたもの。主な仕様は Tegra 3 (1.3GHz ARM Cortex A9クアッドコア)、1GB RAM、32GBまたは64GBストレージ、802.11b/g/n WiFi、Bluetooth 2.1+EDR、背面8MPカメラ、前面2MPカメラ、microSDスロット、microHDMI出力、Android 4.0.1 ICS プリインストールなど。トランスフォーマーの特徴であるモバイルキーボードドックは、Prime シリーズ共通で使用できます。米国価格は 599ドル / 699ドル、発売は今年第2四半期の予定。うわさにあった3Gと高性能なGPSチップについては(まだ)情報がありませんが、TF700T は背面パネルを変更してオリジナルで不評だった無線やGPSの感度を改良しています。

次に、Eee Pad MeMO は Asus が一年以上前から仕様変更と再発表を繰り返している7インチの機種。 今度こそ製品化される ME171モデルの仕様は、7型1280 x 800 IPS液晶、1.2GHz Qualcomm Snapdragon 8260プロセッサ、1GB RAM、16GBまたは32GBストレージ、802.11b/g/n WiFi とBluetooth 2.1+EDR、背面5MPカメラ、前面1.2MPカメラ、A-GPS、ジャイロや加速度計など各種センサ、8.5時間駆動の4400mAhバッテリーなど。本体に収納できるデジタルスタイラス対応、小型のBluetooth ハンドセット MeMic で通話できる点などは当初の発表から変わりません。Android は4.0.1 ICS。厚さは0.5インチ(約12mm)、重さ約400g。 未発表の価格で今年Q2に出荷予定。

最後に、Eee Pad MeMO の型番違い ME370Tは、製品版仕様が未確定なプロトタイプとして参考出展された Tegra 3 採用モデル。7インチとしては世界初のTegra 3 採用機 (になる予定)であること、3GはなくWiFiのみ、カメラがME171より高性能な8MPといったことのほか詳細は決まっていません。発表文は続きをどうぞ。



新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

 

関連キーワード: android, android 4.0, Android4.0, asus, ces, ces 2012, Ces2012, eee pad, eee pad memo, EeePad, EeePadMemo, me171, me370t, Transformer Prime, TransformerPrime
0シェア

Sponsored Contents