CES 2012で、ソニーが次世代ディスプレイ方式 " Crystal LED Display " の試作機を公開しました。Crystal LED Display は、RGBの微細なLEDを直接敷き詰めた自発光型のディスプレイ。公開された55型フルHDの試作機では、1920 x 1080 x サブピクセル RGB の計600万個のLEDを使用します。ソニーいわく、特徴はLEDバックライトの液晶と比較して光の利用効率が高く、高コントラスト・広色域・高速応答性・広視野角を実現できること。試作機ではソニーの現行液晶ディスプレイと比較して明所コントラスト約3.5倍、色域約1.4倍、動画応答速度約10倍といった数字が示されています。また「ディスプレイの構造と製造工程の特徴から、大画面化にも適しています。」

試作機の主な仕様は55インチ1920 x 1080、輝度400cd/m^2、視野角 約180度、暗所コントラストは測定限界以上、色域はNTSC比(xy) 100%以上、消費電力(パネルモジュール) 約70W以下など。用途は業務用モニタ・民生用の双方が考えられています。ソニーは「有機ELの継続的な開発、商品化と並行して」、 Crystal LED Display の実用化に取り組むとのこと。