Feedair はネット情報をさりげなく伝える系のミニLEDディスプレイ製品。802.11b/g/n WiFi 接続機能を内蔵しており、単体でアクセスポイントに接続してクラウドから情報を取得します。表示できるのはTwitter や Facebook、メールの新着、天気、ニュース、あるいはRSSフィードのあるものすべて。表示する「Vidget」 (Visual Widgetのことらしい) の選択やカスタマイズには iOS または Android アプリを使います。特定のFeedair を持っている相手、置いてある場所にメッセージを送るといったことも可能。

本体サイズは幅約10cm・高さ6.5cm、奥行き3cmくらい。筐体はアルミ製で、見た目に反してメモを留めたりできそうな重さです。コネクタ類は給電用のUSBのみ。PC画面のポップアップ通知や携帯を鳴らして割り込むほどでもない情報をなんとなく表示しておくガジェットは他にもありますが、Feedair は単色の21 x 7 LEDドットマトリクスというローテクぶりが逆に新鮮です。発売は3月予定、価格は50ドル前後。