ポラロイドの Android スマートカメラ SC1630、光学3倍ズーム搭載 & Android マーケット対応

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2012年01月11日, 午後 03:00 in android
0シェア
FacebookTwitter

スマートフォン、スマートテレビ、そして次はスマートカメラです。甦った Polaroid が、なんとも奇妙な新製品 SC1630 Smart Camera を発表しました。スマートカメラを名乗るのは、プラットフォームに Android を採用するから。カメラ機能をアピールする Android スマートフォンや、カメラ付きの Android メディアプレーヤーは今にはじまったものではありませんが、Polaroid であるからにはさらに一歩先へ歩を進めており、その証拠に36-108mm・f/3.1-5.6の光学3倍ズームを備えています。画像センサは16メガピクセル CCD。感度は ISO 3200 まで。そして18種類のシーンモード付き。動画は720pまで対応です。

そのほかの仕様に目を移すと、内蔵ストレージは32GB、microSDスロット付き。もちろん WiFi や Bluetooth、GPS、FMアンテナ、microUSBも備え、3.2インチディスプレイは 800x400 解像度でマルチタッチ対応と、ハイエンドではないにしてもちゃんと「スマート」しています。なんちゃって Android ではなく、しっかり Android マーケットにも対応しているのも心強いところ。おまけに画像修正機能や、ソーシャルメディアへの画像投稿機能は標準で搭載。重さは約140g(5オンス)。オプションで3G対応モデルも用意され、こちらはつまり Polaroid スマートフォンということになります。

デモ機に触れた CES 現地班の不安は、厚みが18.5mmと、今日の趨勢に比較すればぶ厚いこと。これはまあ光学ズームのせいと考えれば仕方ないところでしょうか。またバッテリが 1020mAh と小さかったのも気になるところ。4月という登場までに改善が施される可能性はあります。いずれにせよ、スマートフォンのカメラ性能向上と、デジタルカメラのネットワーク機能向上の先に回りこんだような、不思議な魅力がある製品です。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: android, ces, ces 2012, Ces2012, polaroid, sc1630, smart camera, SmartCamera
0シェア
FacebookTwitter