Akai の iPad 2 合体用コントローラ MPC Fly

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2012年01月20日, 午後 04:30 in akai
0シェア
FacebookTwitter

iBooks だなんだと言われていますが、iPad の登場前後で電子書籍以上の変化が訪れたのが、電子楽器かもしれません。すでに iPad 関連の音楽アプリ、周辺機器がたくさん存在するなか、サンプラーの雄 Akai も初の iPad 専用アクセサリ MPC Fly も発表しました。写真から読みとれるとおり iPad 2 と接続することで MPC ゆずりのプロダクションセンターになるというもので、16個のバックライト付きパッドほか、いくつかのボタンを備えています。折り畳むとそのままノート型になるデザインもポイント。

専用アプリのほうは4トラックのシーケンサー & ミキサー機能を備え、サンプルやドラムキットを同梱。ライブラリからサンプリングすることも、マイクや入力端子から録音することもできます。クオンタイズは 1/8 から 1/32T まで。収録エフェクトは delay、bit crusher、master compressor/limiter。アタックなどは16レベルの設定。

作成したトラックは SoundCloud、Facebook、Twitter などで公開・共有できるほか、データを PC や Mac に転送することも可能。他アプリとの連携のためオーディオデータのコピペ機能 AudioPaste や、CoreMIDI、Korg の同期プロトコル WIST にも対応します。

重さは 0.92kg 。アプリは初代 iPad でも動作しますが、ハードのほうは iPad 2 専用。MPC Fly の充電中は、そのまま接続した iPad も充電できます。価格と発売時期は今のところ不明。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: akai, ipad, ipad 2, Ipad2, mpc, mpc fly, MpcFly, music
0シェア
FacebookTwitter