オープンソース版 webOS 1.0 は9月リリース、開発ツールも公開

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2012年01月26日, 午前 10:00 in hp
0シェア
FacebookTwitter

HP の web OS 戦略といえば、2010年4月の Palm 買収から、HP ブランドの webOS スマートフォン展開、PC への活用宣言、売れないので終了宣言、考え直してオープンソース化宣言......と、わずか二年弱で本当にいろいろありました。それで、今後はどうなるのか。HP が詳細を説明しています。

まずはスケジュール。オープンソース版 webOS は今年8月にベータ版がリリースされ、バージョン1.0のリリースは今年9月という計画です。ライセンスには 事前に書面での承諾が必要 Apache License 2.0 を採用します。

あわせて、webOS アプリ開発ツール Enyo もオープンソース化されます。ツール自身も Enyo 2.0 としてバージョンアップされており、発表と同時に早くも公開開始。もともと HTML や JavaScript といったウェブ言語でアプリを開発できる webOS の特性を生かして、Enyo では webOS アプリだけでなく、iPhone や Android、デスクトップブラウザ向けのウェブアプリを開発することも可能です。こちらもライセンスは Apache License 2.0。

そのほかにもプレスリリースでは各月ごとに細かな目標が示されていますが、ひとつ目を惹くのはカーネルを Linux 標準カーネルに移行するという部分でしょうか。また、OS 部分だけでなく、「コア・アプリケーション」もちゃんとオープンソース化されます。Flash や Silverlight、HTML5 や マルチタッチをサポートする HP 版 Webkit も公開予定。

オープンソースになったところで開発者とユーザの支援が必要という web OS の状況にはなんら変わりはなく、そもそも webOS スマートフォンが今後展開されるのかということを考えると、状況はますます厳しくなったとも言えます。しかし、もともと使い勝手では評判の高かった webOS がオープンソース化されることで、なんらかの化学反応が生まれる可能性もあります。オープンソース界のライバル Tizen とともに、Android / iOS 独占の構図が強まるモバイル市場で面白い存在となって欲しいものです。

続きにはロードマップつきプレスリリースを掲載。

HP to Commit webOS to Open Source by Fall 2012
New version of acclaimed Enyo developer tool and source code available now

PALO ALTO, Calif., Jan. 25, 2012 – HP today began executing its plan to deliver an open webOS by committing to a schedule for making the platform's source code available under an open source license.

The company aims to complete this milestone in its entirety by September.

HP also announced it is releasing version 2.0 of webOS's innovative developer tool, Enyo. Enyo 2.0 enables developers to write a single application that works across mobile devices and desktop web browsers, from the webOS, iOS and Android platforms to the Internet Explorer and Firefox browsers – and more. The source code for Enyo is available today, giving the open source community immediate access to the acclaimed application framework for webOS.
By contributing webOS to the open source community, HP unleashes the creativity of hardware and software developers to build a new generation of applications and devices.

"HP is bringing the innovation of the webOS platform to the open source community," said Bill Veghte, executive vice president and chief strategy officer, HP. "This is a decisive step toward meeting our goal of accelerating the platform's development and ensuring that its benefits will be delivered to the entire ecosystem of web applications."

The webOS code will be made available under the Apache License, Version 2.0, beginning with the source code for Enyo.

webOS roadmap
Over the first half of the year, HP will make individual elements of webOS source code available – from core applications like Mail and Calendar to its Linux kernel – until the full code base is contributed to the open source community by September.

January:
Enyo 2.0 and Enyo source code
Apache License, Version 2.0

February:
Intended project governance model
QT WebKit extensions
JavaScript core
UI Enyo widgets

March:
Linux standard kernel
Graphics extensions EGL
LevelDB
USB extensions

April:
Ares 2.0
Enyo 2.1
Node services

July:
System manager ("Luna")
System manager bus
Core applications
Enyo 2.2

August:
Build release model
Open webOS Beta

September:
Open webOS 1.0

Enyo 2.0 and Enyo source code
Enyo 1.0 made it simple to write apps that worked on a variety of webOS form factors. Version 2.0 extends this "write once, run anywhere" capability to a range of other platforms, including mobile and desktop web browsers.

More information about Enyo and the source code is available at http://developer.palm.com/blog.

Apache License, Version 2.0
The Apache License, Version 2.0 is commonly used to govern contributions to open source software projects. It provides a legal framework that balances open innovation and a dependable user experience, which is consistent with HP's vision for webOS.

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: hp, open web os, opensource, OpenWebOs, webos
0シェア
FacebookTwitter