そもそもゲームの一周辺機器だったはずの Kinect は、発売当初から多方面に活用され、気付けばマイクロソフトの顔と言えるくらいの製品にまで成長しました。先日には PC 用モデルも正式に発表され、いよいよ公式にも利用の幅が広がっていきそうなところ。iPad 新聞 The Daily はさらにその先の話として、Kinect 内蔵ノート PC の目撃談を掲載しています。

The Daily が確認したという Kinect 内蔵 PC は一見 Asus のネットブックで、Windows 8 が動作していたとのこと。画面上部にはウェブカメラがわりにセンサが複数取り付けられており、また画面の下部にも LED らしきものが並んでいた、と紹介しています。いわく、MS は Kinect 技術を Windows ともども PC メーカーにライセンスしていくだろう、との話。

思えば Xbox 360 では先のアップデートでタイルベース UI が標準となり、そのまま Kinect でジェスチャー操作できるようになりました。同じようにタイルベース UI "Metro" を導入する Windows 8 で、Kinect の活用を本格的にはじめるというのは、なかなか筋が通った話です。ソフトウェアレベルだと、ゲームへの活用はもちろん、せっかくなので Office やブラウザなどでも対応して欲しいところ。Kinect ハック第二波が訪れる日も近そうです。