Carrier IQ 問題や AppLog 騒動など、スマートフォンって情報をスマートに抜き取るという意味だったのかと言われそうな今日このごろ。悪評を払いのけるべく、GoogleAndroid マーケットのセキュリティ強化の取り組みを紹介しています。これはコードネーム "Bouncer" なるもので、Android マーケットにアプリが登録されるとき、マルウェアかどうかを事前に自動判別するという仕組み。具体的には、既存のマルウェアやスパイウェアと比較したり、Google のクラウド環境で実際にアプリをテストすることで、問題のある動作を行わないかを見つけだします。

この取り組みが具体的にいつ始まったのかは不明ですが、いわくすでに成果を挙げており、2011年の前半と後半を比較すれば、マルウェアの疑いがあるアプリのダウンロードは 40% 減少したとのこと。根絶というわけにはいきませんが、Android ユーザ自体が急増していることを思えば、かなりの効果と言えるでしょう。

制限が厳しすぎると批判されるアップル App Store に比較すれば、Android マーケットは root 済端末向けアプリも普通に並ぶ、自由というか奔放な状態が魅力でもありリスクでもあります。Google は他にも Android のサンドボックス構造や、パーミッションの仕組み、リモートからのアプリ削除などを例に、あらためて安全性をアピールしていますが、あわせて不具合発生時の詳細説明もお願いしたいものです。