レノボが Ultrabook " IdeaPad U300s " 廉価モデルの発売延期を告知しました。1月末日に発表された IdeaPad U300s 「グラファイトグレー」モデルは2月3日(金) から量販店で販売予定でしたが、延期による新たな発売日は3月上旬。理由は「諸般の事情により」。

IdeaPad U300s は、国内では上位版の「クレメンタインオレンジ」モデルが昨年末から販売されているレノボ初のウルトラブック製品。延期された下位版との主な違いは、CPUが Core i7-2677M (下位モデルは Core i5-2467M)、SSD容量が256GB (同 128GB)。

共通しているのは 13.3型1366 x 768 の光沢ディスプレイや4GBメモリ、USB 3.0など。バッテリーは上位が約7.4時間、下位が約7.5時間とカタログ上ではごくわずかに差があります。価格差はオレンジの市価が約15万円、グレーは約11万円前後の予想でした。