未発表製品の写真や仕様がオンラインショッピングサイトから流出してしまうのはよくあること。ただし今回は日本のアマゾンが舞台です。流出したのは、オリンパス復活の期待を担っているマイクロフォーサーズ最上位機 OM-D E-M5。すでに削除された製品ページでは、有効画素数1605万画素 CMOS、スーパーソニックウェーブフィルター(超音波防塵フィルター)、そして「高性能電子ビューファインダー搭載」などが謳われていました。写真の細部もふくめ、これまでの情報と一致するところです。

カラーはブラックとシルバーがあり、ボディ単体とレンズキットでの販売となるもよう。レンズキットは11万強という設定でした。情報を信じるなら、発売は3月30日。まずは目前に迫った CP+ でのお披露目を待ちたいものです。