ソニー・エリクソンがスポーツブランド Billabong との提携を拡大し、タフスマートフォン Xperia Active の Billabong Edition を発売します。Xperia Active は昨年6月にグローバル発表されたXperia スマートフォン。アクティブの名のとおりIP67の防塵・防水性能を備え、巨大なストラップホールつきバックカバーが特徴的な端末です。

仕様は3インチハーフVGA画面、512MB RAM、1GBストレージ(ユーザーエリア ~ 320MB)、microSDHCスロット。画面解像度は最新大画面ハイエンドの 1280 x 720からすれば異次元ながら、傷に強いスクラッチプルーフや濡れた指でも使えるウェットフィンガートラッキングなどおんもでの実用を重視しています。そのほか f/2.6 レンズの5MPカメラ、aGPS、Bluetooth、フィットネスやスポーツ系の外部センサと接続する ANT+ 対応など。

ビラボンエディションは写真の限定バックカバーが付属するほか、独自のスクリーンセーバや動画コンテンツ、Billabong LIVE アプリなどがプリインストールされます。またソニエリとビラボンのパートナーシップにより、Billabong アプリや Xperia PLAY 向けゲームなどがほかの端末にも提供される予定。Billabon Edition は世界の " select market " ですでに販売中。日本では通常版の Xperia Active も展開していません。続きはソニエリによる公式プロモ+機能紹介動画。



こちらはソニエリ開発者による機能紹介。気圧センサやANT+など。