オリンパス OM-D E-M5 正式発表、3月下旬発売(動画)

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2012年02月8日, 午後 12:00 in breaking news
0シェア
FacebookTwitter

ニコンの 3630万画素 D800、キヤノン史上最高画質の PowerShot G1 X、ペンタックスからはマーク・ニューソンによるデザインの K-01、そしてオリンパスからは OM シリーズ の復活です。オリンパスは、長く噂されていたマイクロ一眼 OLYMPUS OM-D E-M5 を発表しました。同社の PEN シリーズと同じマイクロフォーサーズ規格ですが、より上位の位置付けとなります。

中身は 1605万画素の Live MOS に、画像処理エンジン "TruePic VI" という組み合わせ。最高感度は ISO 25600、連射は9コマ/秒。世界初の5軸対応手ぶれ補正を備えています。さらに FAST AF システム、3D トラッキング AF も搭載。

背面ディスプレイは3.0型・有機 EL。電子ビューファインダーは144万ドット。動画は1920 x 1080 / 59.94i のフル HD に対応していますが、形式は MOV。microHDMI端子も備えます。

デザインに目が行きがちなボディは、防塵・防滴仕様でもあり、防塵・防滴レンズ交換式カメラとしては世界最小・最軽量を実現しています。具体的には、大きさが121 x 89.6 x 41.9mm、重さはバッテリ込みで425g。フラッシュは外付けが同梱です。オプションにはパワーバッテリーホルダーや、防水プロテクターなど。

カラーはシルバーとブラック。発売は3月下旬。ボディ単体で10万5000円くらい。12-50mm F3.5-6.3 レンズキットは13万円くらい。いろいろな意味でオリンパス復活の運命を託された製品です。続きには Engadget 本家による動画を掲載しています。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: breaking news, micro four thirds, MicroFourThirds, olympus, olympus om-d, olympus om-d e-m5, OlympusOm-d, OlympusOm-dE-m5, video
0シェア
FacebookTwitter