キングジムの iPadドックスキャナ「 iスキャミル」延期、3月2日発売へ

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2012年02月9日, 午後 04:21 in ebook
0シェア
FacebookTwitter

iPad ドックとスキャナが一体化したユニークな製品「i スキャミル」DSS10の発売延期が告知されました。当初の発売日は2月17日(金)でしたが、改訂後は2週間遅れて3月2日(金)予定。メーカーのキングジムいわく、理由は「品質確保のため」。

軽くおさらいすれば、iスキャミルはA4サイズ (最大216 x 356mm) までの書類に対応するシートフィードスキャナと iPad ドックが合体した製品。どうせ iPad で見るならPCを経由する手間は不要というラディカル思想に基づき、スキャン自体も無料の iPad アプリで操作します。文書は取り込みと同時にiPadの画面にプレビュー表示されるため、見栄えをその場で確認することが可能。解像度は300dpi 、文書は iPad のカメラロールに保存という割り切った仕様です。

初代 iPad および iPad 2に対応すること、税込み 1万5540円のメーカー希望価格などは変更なし。泣く泣く裁断した本にフィルタやOCRをかけてデジタル完全保存版ライブラリを構築したい!という方向性とはまた別に、名刺や細かい書類を「あとで見る(かもしれない)」するため、捨てる前に念のためデジタル化する用途には手軽そうです。続きはメーカーのプロモ動画。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: ebook, ipad, ipad 2, ipad dock, Ipad2, IpadDock, kingjim, scanner
0シェア
FacebookTwitter