月末の MWC 2012 に向けて各社未発表スマートフォンのうわさが続くなか、HTC 初の、登場時期によっては世界初の 4コアAndroid携帯 " Endeavor " の仕様とされる情報が出回っています。出処は中国語圏のフォーラムなどに投稿された " Endeavor " の RUU (ROMアップデートユーティリティ) とされるファイル。

おなじみ XDA Dev などでユーティリティから抽出された仕様は、4.7インチ 1280 x 720 ディスプレイ、1.5GHz Tegra 3 プロセッサ、1GB RAM、8MP背面カメラ、1.3MP前面カメラ、802.11b/g/n WiFi、Bluetooth 4.0、NFCなど。プラットフォームは Android 4.0 ICS、そしてHTC の拡張 UI " Sense 4.0 " 。

" HTC Endeavor " なる端末については、以前にも別の携帯系サイト MoDaCo でほぼおなじ内容が独自ソースからの情報として掲載されていました。そちらによれば「エンデバー」(または " Edge ") はコードネームで、製品名はおそらく " HTC Supreme " になるだろう、とのこと。蛇足ながら、中国語圏のフォーラムなどではそのまま「至尊」。なんだかすごそうです。リークしたSense 4.0 スクリーンショットは下のギャラリーをどうぞ。