モバイル向けデジタルイメージング技術の企業 Scalado が、写真から邪魔な通行人などを消せるカメラアプリ " Remove " のデモを公開しました。観光地や街中で記念撮影をするときなど、フレームを横切る自動車や人が途絶えるまで待ち続けることはよくありますが、" Remove " で撮影すればあとから邪魔なオブジェクトを選んで除去することができます。まずは続きに掲載したコンセプトデモ動画をどうぞ。

仕組みは単純で、連射した複数枚の差分から動くオブジェクトを識別し、消したい場合は別の画像から背景部分を合成して埋めることで実現しています。同等機能を実装した画像編集ソフトウェアは以前からあり(たとえばマイクロソフトの無料アプリ Live フォトギャラリー)、また複数の写真をアップロードすると自動的に邪魔者を消してくれるサービス (例:Tourist Remover)など、原理としては目新しくもありません。しかし Remove は高速連写からオブジェクトの認識・消去(合成) までをモバイル端末上で高速に実行する点、また消す対象を分かりやすく示して " X " をタップするだけの UI がポイントです。

実際に Android 端末上の開発中バージョンで撮影したサンプルは下のギャラリーへ。現在はまだ技術デモ段階とあって、よく見れば一部に不自然なアーティファクトも見つかります。Remove のデモは今月末からのMWC 2012 に出展される予定。開発した Scalado は Galaxy Nexus 他の ゼロシャッターラグ など携帯カメラ関連の技術をメーカーにライセンスしており、Remove も対応端末にプリインストールの標準機能として提供されるかもしれません。