ソニーが「認証型コンセント」を開発、FeliCa や電力線で認証データ通信

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2012年02月14日, 午後 10:00 in energy
0シェア
FacebookTwitter

ソニーが「認証型コンセント」の開発を発表しました。省エネムードが高まるなか、なにかとややこしい電力の管理や制御をコンセントを使って実現しようというもの。以下の具体的には2種類の仕組みが提案されています。
  • FeliCa タイプ:機器側に NFC / FeliCa の IC チップを、コンセント側に IC リーダー / ライターを埋め込み、両者で近距離無線通信を行う。
  • 電力線重畳通信タイプ:FeliCa タイプと同様に IC チップとリーダー / ライターを埋め込み、通信は電力線で行う。
FeliCa タイプはたとえば「おサイフケータイのように、機器とコンセントが通信して認証を行う仕組み」と考えれば、まあ十分にイメージできるところです。やはり面白いのは、新開発の「電力線重畳通信技術」を利用するという後者のタイプ。あくまで IC チップとの通信であることから機器側は電力不要のまま認証が行えるほか、近距離無線通信ではなくなるため、電源コード近くに IC チップを埋め込む必要がなくなり、たとえば延長コードなどを挟みこんでも、数十mの電力線まで通信が可能とされています。

さて、ではそもそもコンセントで認証ができてなにが嬉しいのか。ソニーの示す応用例は、認証前には通電しないことからコンセントに異物を突っ込んでも感電しないとか、ユーザや機器の認証を行うことで「コンセント利用課金」が実現できるとか。もちろん電力利用状況の解析や、節電時に機器単位で電源をオフにできるとかいった事例も考えられます。

IT 技術で電力管理というと、どうしてもスマートグリッドとかスマートメーターとか、HEMS や BEMS とか、話が大がかりになりがちな中、コンセントという身近な存在に着目したところにソニーの面白さがあります。もちろん、そういった大がかりな仕組みと組み合わせれば、リモートでの機器管理など、さらに応用範囲が広がりそう。ソニーは今後、他事業者の賛同を集めながら、技術・サービス仕様の策定を行い、実用化を目指す予定です。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: energy, felica, nfc, sony
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents