あたらしい OS。それは新機能との出会いの時でもあり、古い製品との別れの時でもあります。OS X の今年モデル "Mountain Lion" について、TUAW がアップデートに対応する Mac、最新 OS では非対応になってしまった Mac の一覧を掲載しました。アップル公式の発表ではなく、匿名の開発者から得た情報に基いているとのこと。

具体的に対応する製品として挙げられているのは以下の機種:
  • iMac:mid 2007 以降。
  • MacBook:2008 以降の 13インチ アルミユニボディ。あるいはEarly 2009 以降の 13 インチ白ボディ。
  • MacBook Pro:13インチ、Mid-2009 以降。15インチ、2.4/2.2 GHz。17インチ、Late 2007 以降。
  • MacBook Air:Late 2008 以降。
  • Mac Mini:Early 2009 以降。
  • Mac Pro:Early 2008 以降。
  • Xserve:Early 2009。
反対に山ライオン化できないとされる製品は以下の機種:
  • iMacs:Late 2006 以前 (iMac5,1, iMac5,2, iMac6,1)
  • MacBooks :Late 2008以前 (MacBook2,1, MacBook3,1, MacBook4,1)
  • MacBook Pros:June 2007以前 (MacBookPro2,1, MacBookPro2,2)
  • MacBook Air:初代モデル (MacBookAir1,1)
  • Mac mini:The Mid-2007 以前 (Macmini2,1)
  • Mac Pro:初代、および2007の8コアモデル (MacPro1,1, MacPro2,1)
  • Xserve:Late 2006 と Early 2008 (Xserve1,1, Xserve2,1)
相変わらず同名異機種が存在するため判別がややこしいのですが、括弧内にも示した各製品の型番は「Apple メニュー」->「この Mac について」->「詳しい情報」->「システム情報」から確認できます。

同時期の製品でも運命が分かれている理由としてはグラフィック性能が挙げられ、GMA 950 や GMA X3100 といった統合グラフィックを搭載した製品が、軒並進化の道から外れています。アップルは各種の自社製ソフトウェアについても最新 OS 以外ではサポートを打ち切る姿勢を強めているため、長く Mac 製品を愛したい人にはなかなか切実な状況です。