USB の向きを気にせず挿せる「どっちもハブ」、1720円

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2012年02月20日, 午後 05:00 in usb
0シェア
FacebookTwitter

USB 1.0 の仕様が策定されて約15年。ついに世界は解を得ました。バッファローコクヨサプライは、USB コネクタの向きを気にせず挿せる 4 ポートの USB ハブ「どっちもハブ」を発表しました。つまり、上向きに挿しても下向きに挿しても、問題なく USB 機器を利用できます。アイデアとしてはこれまでもありましたが、同社いわく製品としては「世界初」とのこと。

そのほかは普通のハブで、USB 2.0 / USB 1.0 対応とか、供給電力は最大400mAとか。大きさは 110 x 165 x 20mm、重さ80g。カラーはピンク、ブラック、ホワイト、ブルーの4色。2月下旬の発売予定で、価格は1720円です。抜き挿しの多いハブでは自然と挿し間違いも多くなりますが、裏側を確認できないまま USB を抜き挿しすることの多いタワー型 PC などでもぜひ標準にして欲しいものです。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: usb, usb hub, UsbHub
0シェア
FacebookTwitter