あとから合焦カメラ Lytro 出荷開始、8GBモデル399ドルから

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2012年03月1日, 午後 12:14 in Lytro
0シェア
FacebookTwitter
Lytro pre-orders start shipping, infinite focusing now within reach

撮ったあとで自在にフォーカスを選べる Lytro カメラの一般向け出荷が始まりました。Lytro は主レンズとセンサーのあいだに多数の微細なミニレンズ群 (Plenoptic Lens) を挟むことで、レンズに入るすべての光線の方向までを記録する Light Field 写真技術を民生品としてはじめて採用したカメラ。スタンフォード大に在学中からLight Field技術を研究していた Ren Ng 氏が創業したスタートアップ Lytro社はじめての製品です。

昨年から予約受付を開始していた Lytro カメラは容量8GB (350枚) モデルが399ドル、16GB (750枚) モデルが499ドル。予約順に早い者勝ちで出荷されていますが、残念ながら今のところ米国外へは発送してくれません。直方体の万華鏡のような独特の外観や内部構造は下のギャラリーを、実際にクリックして任意の場所にピントをあわせられるウェブ用サンプルは続きをどうぞ。









 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Lytro
0シェア
FacebookTwitter