WiMAXモバイルルータ URoad-SS10は3月9日発売、11.8mm厚で9時間通信

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2012年02月29日, 午後 04:19 in shinsei
0シェア
FacebookTwitter

UQ WiMAX のモバイルWiFiルータに新製品 URoad-SS10 が加わります。シンセイコーポレーション製の人気機種、というよりサービス提供者によっては唯一の論理的帰結だった URoad-8000 の後継にあたり、ほぼおなじフットプリントのまま厚さが11.8mmに(旧機種は20.4mm)、重さが約86g (同98g) と薄く軽くなりました。UQいわく、厚さ11.8mmはWiFiモバイルルータとして最薄 (スマートフォン除く)。手に持って使うわけでもないルータは携帯電話よりは厚さの要求が低い気もしますが、小さいことは良いことです。

薄くなった一方、連続通信時間は旧機種と変わらない約9時間。また連続待受(WiFi機器と接続すると約1秒で復帰)は18時間から20時間へ伸びたほか、新たに追加された休止モードでは最大約250時間の連続待機が可能になりました。休止からの「クイック起動」では約15秒で通信が可能になります。またURoadシリーズのモバイルルータとしては初めて、弱電界でもつながりやすいWiMAXハイパワーに対応します。

UQ WiMAX オンラインショップでの販売は3月9日から、端末代金は縛りのあるUQ Flat年間パスポートでは4800円、UQ Flat や UQ Step (2段階定額) では1万2800円、一日利用のUQ 1Day の場合は1万7800円。

 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: shinsei, uq wimax, UqWimax, uroad-ss10, wimax
0シェア
FacebookTwitter