動画:車体にLED光学迷彩を施した「見えない」メルセデスF-Cell モデル

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2012年03月5日, 午後 12:23 in f-cell
0シェア
FacebookTwitter
Mercedes F-Cell gets LED camouflage

メルセデス・ベンツが、車体表面がディスプレイになった「見えない」Bクラスを開発しました。側面にシート状のLEDディスプレイを貼りつけ、反対側に設置した Canon 5D Mark IIで撮影した風景をリアルタイムに表示することで、向こう側が透けて見えるようなカメレオン効果を発揮します。

「見えない自動車」といっても特に事故を増やしたいわけではなく、燃料電池で動く電気自動車 F-CELLモデルのプロモーションのため。水しか排出しない(ローカル) ゼロエミッションは、環境からも「見えない」自動車というアピールです。片側から見れば意外とそれらしい実際の様子は続きの動画をどうぞ。



カメラとディスプレイを使った光学トリックの例は、軍事用以外に交通安全を目的としたコンセプトもあります。こちらはロシア Art. Lebedev スタジオの透明トラックコンセプト Transparentius



軍事用途の研究ではかなり歴史があり、最近ではたとえば QinetiQ の見えない戦車など。現在の技術で実現可能なあらゆるステルス技術と同じく利点も欠点もあるアプローチですが、光学迷彩と併用する技術としては、たとえばペルチェ素子を使って戦車に別の熱プロファイルを持たせ、乗用車や動物のように見せかける熱迷彩技術なんてものも開発されています。
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: f-cell, fuel cell, FuelCell, mercedes-benz
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents