「iPad 3 の流出パーツ」また登場、iPad 2 と比較ギャラリー

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2012年03月6日, 午前 12:06 in apple
0シェア
FacebookTwitter

先日の「9.7インチ 2048 x 1536液晶パネル(Retina Display?)」、「A5Xプロセッサ搭載メイン基板」に続いて、iPad 3 のリーク部品と称する何かがまた出てきました。今回はアルミユニボディのシャーシ部分と、前面のガラスパネル部分 (ホワイトモデル)。もはや毎号ふろくを集めると本物が完成する定期刊行物の勢いです。リンク先 M.I.C Gadget の厚意で、実際に入手した各パーツと iPad 2 との比較ギャラリーをお届けします。

あくまで iPad 3 部品と「称するなにか」であり、また試作段階の本物だとしても製品版の次世代 iPad とは別になる可能性を前置きして続ければ、まず注目は物理ホームボタンが存在すること。アップルの公式招待状の画像ではホームボタンがないようにも見えるため、クリック感のあるボタンを廃止してタッチセンサー (+ すでに導入されているマルチタッチジェスチャ) で置き換えるのではないかとのうわさがありました。(下に続きます)

.

背面のシャーシ部分はほとんど iPad 2 と変わらないように見えますが、カメラのレンズホール部分が若干大きく、背面カメラがアップグレードされるのかもしれません。


また厚み自体も、iPad 2 と比較するとわずかに厚め。そろそろ物が切れそうなレベルまで薄くなりつづけるアップル製品にしてはやや意外ですが、こちらもうわさの LTE 版のためにさらに大容量のバッテリーを載せるためという説明もありえます。


いずれにせよ、正体が明かされるまではわずか2日程度。アップルの 新 iPad スペシャルイベントは米国西海岸の現地時間で3月7日、日本時間では8日未明から始まります。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: apple, ipad, ipad 3, Ipad3, rumor
0シェア
FacebookTwitter