250億ダウンロードを祝してか、アップルがオールタイムの人気アプリランキングを発表しました。iPhone / iPad 向け、無料 / 有料それぞれで計4ランキングとなっています。販売本数は例によって不明。

かいつまんで紹介すると、有料 iPhone アプリのトップは「Sleep Cycle alarm」で、以下「秘密の写真管理 - i写真フォルダ」、「Good Reader for iPhone」、「ストリートファイター IV」、「ウォーリー ハリウッドに行く」という順。無料 iPhone アプリは「Skype」、「乗換案内」、「Twitter」、「電話帳かんたんコピー」、「Bump」の順。近頃なにかと話題の「LINE」が早くも7位に食い込み、8位の「Facebook」を上回っています。iPad ランキングはリンク先 App Store でどうぞ。iTunes が開きます。

なお、このランキングは国別の集計のようで、Macstories に掲載されている米国版ランキングと比較すると、また違った趣きがあります。たとえばあちらだと有料 iPhone アプリのトップは怒れる鳥投げで、それ以外もゲームが大半を占めています。鳥投げシリーズは有料 iPhone の5位と8位も占めており、フリー版では無料 iPhone アプリの8位、21位、25位に登場。iPad アプリでも有料ランキングで2位、3位、9位、無料ランキングで1位、8位、21位となっています。これだけ売れれば、マルチに展開されるのも納得。そして、米国だけで21万人の雇用を生み出すというアプリ経済は、iPad 3 の発表でまた盛り上がりそうです。