App Inventor

Androidアプリ作成サービス App Inventor Edu が一般向けの公開ベータを開始しました。App Inventor はプログラミング言語を使わずにアプリが作れるツール。画像やテキスト、GUI部品に加えて条件分岐なのどロジックも「ブロック」として配置することで、簡単なアプリが作成できます。特徴はGPS やセンサー入力、ネット接続やSMS送信など、Androidスマートフォンの機能が部品として用意され簡単に組み込めること、完成品は Android のネイティブアプリとしてインストールできること。

もともとは教育向けに発展してきたいわゆるビジュアルプログラミング環境を、 Google が Labs の実験的サービス Google App Inventor として整備したものでした (当時の発表記事) 。しかし Google Labs が終了してしまったため、MIT の Center for Mobile Learning がプロジェクトを引き継ぎ独自サーバでの非公開ベータ運用を続けてきました。今回のニュースは MIT版が公開ベータを開始したこと。ただしログインにはGoogle アカウントが必要です。続きは Google版当時のプロモ動画。