東芝からUHS-I対応の最速級 SDカード『EXCERIA』 、最大R95MB / W90MB

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2012年03月14日, 午後 04:20 in exceria
0シェア
FacebookTwitter


東芝が高速 SDXC / SDHC カードの新ブランド『EXCERIA』と、3シリーズ容量違いで計9製品を発表しました。東芝いわく、新ブランド『EXCERIA』(エクセリア)は "Excellent "と " Experience " からの造語。高速転送により、カメラの連射やHD動画撮影で "「Excellent(優れた)」な「Experience(体験)」ができるということを表現 " したもの。

製品のほうは速度ごとに3シリーズがあり、上から

EXCERIA Type 1 (最大転送速度 読み出し 95MB/秒、書き込み 90MB/秒)
EXCERIA Type 2 (同 R95MB/秒、W 60MB/秒)
EXCERIA Type HD (同 R90MB/秒、W 30MB/秒)

と分かれています。.

全モデル共通で SDメモリカード規格 v3.0 の高速転送規格 UHS-I に対応しており、スピードクラスとしては、全シリーズともに「UHS-I モードで UHS Class 1 、SDモードで SDスピードクラス 10」。スピードクラスはビデオカメラなどとの互換性のため最低転送速度を示す規格なので、EXCERIAは3シリーズともスピードクラスとしては同じ扱いです。

容量ラインナップは最速の Type 1 が 32GB / 16GB / 8GB のSDHC、いずれも今年7月発売予定。中間の Type 2 のみ、64GB の SDXC (exFATフォーマット) と 32GB / 16GB SDHC のラインナップで8月発売予定。Type HD は32GB SDHCが今年5月下旬、16GB / 8GB は4月下旬にそれぞれ発売予定。

「世界最速」ではなく「最速クラス」と表現されているとおり、一番速い EXCERIA Type 1 は SanDisk の Extreme Pro と並ぶ公称最大 R95MB/秒・W90MB/秒。ただしSanDiskほうでは、同じ最速クラスに64GB の SDXC版を用意しています。蛇足ながら、東芝の現行最速 SDカードのブランドは「Premiugate」シリーズ。

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: exceria, SanDisk, sdhc, SDXC, toshiba
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents