4枚の SD カードで 4K 映像を撮影する JVC の GY-HMQ10

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2012年03月16日, 午後 09:30 in 4k
0シェア
FacebookTwitter

JVC の GY-HMQ10 は 4K 解像度の撮影に対応した業務用の小型レコーダー。1.67kg とこの種の業務用カメラにしては軽量ながら、4K/60p の撮影が可能です。奮っているのがその実装方法で、内蔵する4枚の SDHC / SDXC カードそれぞれにフル HD の映像を記録し、あとで 4K 映像として合成します。

つまり、こう。

本体タッチパネルに触れれば 4K 映像からフル HD 映像を切り出すことも可能。HDMI 端子を4つ備えているため、4K 対応ディスプレイに接続すれば、そのまま 4K 映像をライブ出力することもできます。

センサは1/2.3型・829万画素の裏面照射型 CMOS。光学10倍ズーム、3.5型・92万画素の LCD モニタ、ワイヤードリモコン用端子、手ぶれ補正機能などを備えています。発売は3月下旬です。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: 4k, camcorder, jvc, recorder
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents