Sony V150 shows up on NenaMark sporting Tegra 3 GPU

たまに正体不明のエントリーが現れるベンチマークランキングからの話題。Android 端末のグラフィック能力を測る OpenGL-ES 2.0 ベンチマーク NenaMark の結果集計ページに、ソニー製の「V150」なる端末が登録されています。NenaMark1のスコアは登録1回のみの59.70fps、ディスプレイサイズは 1280 x 752 (800)、そしてGPUは「NVIDIA Tegra 3」。

NenaMark の結果はアプリを実行した誰かの送信内容がそのまま追加されるため、誰かが地味ないたずらをしている可能性もあります。ただ未発表の製品がたまに登録されるのもまた事実で、たとえばソニエリの Xperia Arc も " SEMC製 Azusa " として見つかっていました。V150が実在するならば、解像度からTegra 3を採用したソニータブレット S の後継機かもしれません。