ソニー α57 発表、ポートレイトの構図まで自動で設定

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2012年03月21日, 午後 01:30 in a57
0シェア
FacebookTwitter

ソニーがデジタル一眼カメラの新モデル α57 を発表しました。位置付けとしては α55 に続く、Aマウントシリーズのエントリーモデルということになりますが、もはや何をもってエントリーと呼べばいいのかというくらい充実しています。

具体的に見ると、センサは有効1670万画素の "Exmor" APS HD CMOS。画像処理エンジン "BIONZ" に、フルタイムコンティニュアス AF を実現する透過ミラー技術 Translucent Mirror Technology は他の α でもお馴染みのものです。

目玉となる新要素はふたつ。ひとつは AF を追従しながら秒間最高約12コマの連続撮影を行う「テレコン連続撮影優先AE」モード。動きの早い被写体の連続撮影にぴったりです。

もうひとつは、人物を撮影したとき、顔認識から三分割法で最適な構図にトリミングしてくれる「オートポートレートフレーミング」機能。トリミングにも関わらず「全画素超解像」技術を利用してズームするため、オリジナル画像と同じ画像サイズで撮影できるとのこと。各社のオート撮影機能の向上は今に始まったことではないものの、スマイルシャッターのようにシャッターチャンスまでカメラ側が判断するようになったかと思えば、いよいよ構図にまでカメラが踏み込んでくるようになり、なんだかカメラマン=カメラを持っている人という感じになってきました。

動画は 1920x1080/60p で AVCHD v2.0対応。撮影中のデジタルズームにも対応します。そのほか144万ドットになった電子ビューファインダー、3型92万ドットの液晶モニタ、内蔵ステレオマイクなど。静止画の感度は ISO 100 - 16000(1EV)。対応メディアは、メモリースティック PRO デュオ / PRO-HG デュオ、SD / SDHC / SDXC カード。本体はバッテリ込みで618g。

発売は4月13日。ボディ単体、DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM ズームレンズとのキット、DT 55-200mm F4-5.6 SAM も加わったダブルズームレンズキットの3種類です。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: a57, alpha, alpha a57, AlphaA57, sony
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents