キングジムのスキャン最適化ノート「スキャンノート」、ScanSnap と連携

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2012年03月27日, 午後 02:00 in kingjim
0シェア
FacebookTwitter

デジタルとアナログの橋渡しを進めるキングジムが、スキャン用途に最適化されたノート「スキャンノート」を発表しました。ミシン目と切り込みにより、ページ単位で切り離せるノートです。

切り離せるノート自体は他にもありますが、タイトルなどを記入できるスキャン可能な扉絵があること、人気の ScanSnap と連携しサイズを自動検出してくれること、中央部にグレーの帯があるため色差を利用するスキャン用モバイルアプリでの撮影に向いていることなどが本品のアピールポイント。せっかくなのでショットノート用のタグも欲しかったところです。

サイズは A5 / セミB5 の2種類。デザインは6.5mmの横罫線か、5mmのドット方眼。都合4種類です。いずれも30枚に、扉絵という構成。価格はA5が210円、セミB5が220円。4月25日発売です。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: kingjim, scanner, scannote, scansnap, stationery
0シェア
FacebookTwitter