WindowsでAndroidアプリが動くBlueStacks App Player ベータ公開、GPU支援・ARMコード対応

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2012年03月28日, 午前 02:48 in android
0シェア
FacebookTwitter
Image

PC で Android アプリが使える BlueStacks App Player のベータ版がリリースされました。米国のスタートアップ BlueStacks が開発する App Player は、XP以降の Windows OS 上に仮想Android環境を作りアプリを走らせるプラットフォーム。Androidアプリの動作モードはタブレットや大画面携帯など個別に選択することができ、ウィンドウ内やフルスクリーンのWindowsアプリと同様に動かすことができます。また物理キーボードやマイク、プリンタなど、PC側のデバイスやサービスをAndroid側から使えることも特徴のひとつ。

アプリの選択や管理はAndroidスマートフォンのホーム画面が現れるのではなく、BlueStacks 独自のホーム画面を使う仕組み。アプリの導入はプリインストール(リンク)や「お薦めアプリ」から、あるいはAmazon Appstore for Android や GetJar などのマーケットから串刺し検索することが可能です。さらにAndroid端末用のアプリ BlueStacks Cloud Connect を導入することで、スマートフォンやタブレットで利用中のアプリをPCのBlueStackに「プッシュ」してそのまま使うことができます。

今回一般向けにリリースされた beta-1 バージョンでは、独自の仮想化技術 " LayerCake " により、ARMプロセッサ用のネイティブコードを含む多数のアプリに対応し、またAMD GPU / APU でグラフィックのハードウェア支援描画が可能になりました。BlueStacks の表現では「45万のAndroidアプリを10億のPCへ」。ベータ版のインストーラはリンク先からダウンロードできます。続きはWindows上で Angry Birds Space などゲームを含む各種Androidアプリを動かすデモ動画。

【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: android, bluestacks, bluestacks app player, BluestacksAppPlayer, google, virtualization
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents