Google Play replaces Android Market, your new source for apps, books, movies and music

日経ビジネスが「特報!」として、Google がコンテンツストア Google Play Store に月額課金制度を導入すると伝えています。Android マーケットあらため Google Play Store では、アプリ内決済も含め、これまでコンテンツの売り切り(あるいはレンタル)しかできませんでしたが、今後はより柔軟な販売システムを提供することになります。制度の開始は「4月にも」とのこと。

ちなみにライバルのアップルは電子新聞や電子雑誌向けに、一足早く定期購読モデルを提供しています。ただし、一般的なアプリについては未だ定期購読モデルを利用できませんので、Google が実現すれば、柔軟性の点ではライバルを逆転する格好になります。

ご存知のとおりスマートフォン以前のケータイビジネスでは、おおよそ売り切りのほうが納得感のあるゲームやコンテンツまで月額いくらと課金されることが多 く、キャリア決済のもとで少額のお金を広く長く回収していくのが一般的なビジネスモデルでした。日本発という Google のこの取り組みは、どうしても iPhone にまず目配せしがちな国内のコンテンツホルダーを Android 側に振り向けさせる効果がありそうです。

ただ、この月額課金制度は Google Wallet での決済だけが利用可能で、そのほかの決済は認めない見通しとのこと。つまり月額課金のためには Google への手数料が必要になるという言い方もできます。Google の関与しないところで月額いくらのビジネスを展開していた企業にとっては厳しいお知らせです。