13型モバイルモニタ GeChic On-Lap 1302 の国内発売が 4月13日に決定しました。On-Lap 1302 は13.3インチ1366 x 768 ピクセルでありながら、厚さ 8mm・重さ 654g のモバイル液晶モニタ製品。給電にはUSB端子 (5V1A)を使い、映像入力には HDMI (DVI) 1系統を備えます。

市販のUSBモバイルモニタには映像と給電をUSB一本で賄うタイプもありますが、GeChic On-Lap はUSBを電源にのみ使う点が特徴です。ケーブルは一本増えるものの、ドライバが必要ないためPC以外にもゲーム機やスマートフォン、デジタルカメラなど幅広い HDMI 出力機器と利用できます。

昨年末に発売された前モデル On-Lap 1301 との違いは大幅に薄く、軽くなったこと。1301 は「コ」の字型の樹脂製フレームと一体化した構造で、フレームをノートPCの背面に4つの吸盤で貼りつけてデュアルモニタ化する方式でした。新製品の 1302 は背面に金属製の薄いヒンジ付きプレートを備え、ノートの背面にガイドを貼りつけてスライド合体させる方式に変更されています。

しかしわざわざノートに背負わせなくとも、別々に持ち歩いて付属のスタンドで立てたり、あるいは縦画面に設置することも可能です。また 1302 は HDCPに対応したため、プレイステーション3 や BDプレーヤ、iPhone 4 / 4S / iPad などの映像を表示することもできるようになりました。

国内価格はオープン、店頭予想価格 1万9800円前後。






iPhone + 純正デジタルAVアダプタ + USBモバイル電源で Angry Birds を出力した図。次はタッチパネル機能つきの上位版が欲しいところです。



iPad (2012) を乗せてみる。On-Lap 1302のほうが1mm薄く、重さはほぼ同じ。