Image

香港のモデルさんがうっかり Instagram 漏れさせていた新型Gシリーズ LUMIX GF5 が正式発表を迎えました。GF5 は前モデルから画質や UIなど総合性能を向上させつつ、「憧れの一眼カメラに相応しい高品位デザインへ進化」したモデル。GF3のまるっとしたフォルムとサイズは継承しながら、GX1のようなグリップや「カメラの軍艦部を表現した」TOP形状、マウント部周囲の「金属オーナメント」(飾り?)など、お嬢様・お坊ちゃま一眼路線からやや高級路線に近づけています。

中身は画素数こそ12Mで変わりませんが、新 Live MOSセンサと新Venus Engineによるさらなる画質向上をうたっています (GF3比)。特に高感度撮影時にはノイズ量を約3割削減し、拡張ISO 12800にまで対応しました。そのほかハードウェア的には、背面のタッチパネル液晶モニタが画素数倍増の92万画素になり、UIも高品位なグラフィックやアニメを多用した分かりやすいものになりました。

動画撮影はAVCHDのフルHD、またはMP4形式に対応。本体マイクがステレオになったのも進化点です。(開口部は左側にかなり近く並んでおり、しかもRが左側を向いた曲面にありますが)。発売は4月26日、レンズキットは14-42mmのXレンズキットと、14mmパンケーキレンズ & Xではない標準ズームレンズ付属キットの2種類、店頭予想価格 8万円前後。なお" GF4 " は欠番のようです。