Image

ニューヨーク市が、市内の電話ボックスに32インチと大型の「スマートスクリーン」を導入する計画を明らかにしました。公衆電話を置き換えるこのスマートスクリーンでは、レストランやセールの案内、交通情報や地理情報など、電話ボックス周辺の情報を入手できるとのこと。また市の行政案内にあたる311に連絡することもできます。また多言語表示に対応するうえ、水洗いできるよう防水・防塵仕様になっているのは、いかにも行政サービス端末として面白いところ。さらに将来的には Skype 通話とか、メールチェックもこのスマートスクリーンから行え、おまけに WiFi のホットスポットにもなるという話で、未来のキオスク端末としてなかなかの充実ぶりです。

ニューヨーク市にとっては、スマートスクリーンから広告収益が得られるのもポイント。行政サービスそのものの広報にも利用できます。スマートスクリーンの導入はまず市内250か所から開始され、現行の公衆電話との契約が終わる2014年には、1万2800か所すべての電話機を置き換える予定。あわせて、地下鉄構内などにある電話機のかわりに、もうすこし小型の22インチのスマートスクリーンを導入する計画も進行中です。