Gmail down for many, world struggles to stay in touch

Googleのメールサービス、と前置きするまでもない Gmail で大規模な障害が発生中です。症状は「一時的なエラー (500)」と表示されてログインできず、メールにまったくアクセスできないというもの。Gmail の障害はこれまでも散発的に発生してきましたが、今回は世界の広い範囲で報告されています。(追記:Googleによれば、影響を受けたのは全 Gmail ユーザーの2%以下)。

Google Appsのサービスステータスによると、Google が問題を調査中と報告したのは日本時間で午前1時42分、依然調査中・影響は全ユーザーの2%以下と発表したのは2時18分、一部のユーザーで回復が2時24分、全ユーザーで復旧が2時46分。Twitter などでユーザーの報告が挙がってからGoogleが「調査中」を表明するまでには多少のラグがあるとして、約1時間程度で全快したことになります。原因などについては今のところ報告なし。

追記:Google が続報を掲載しました。影響を受けたのは Gmail ユーザーベースの10%以下。また問題は解決したものの、一部のユーザーには一時的にメールの遅延が発生する可能性があるとしています。影響を受けたアカウントはメールの受付も止まっていたため。しかしメールが消えるわけではなく、受け取れなかったアカウントが復旧してから届くとのこと。