Image

ドタ延を繰り返していたカードサイズのシングルボードコンピュータ Raspberry Pi がついに出荷を迎えました。すでに第一陣が購入者に届きつつあり、ライセンス生産と販売を担当する RS Components では「今度こそ本当です」とばかりに流通センターからのドキュメンタリー風動画を公開しています。

Raspberry Pi は教育用途を想定して開発された英国発のシングルボードコンピュータ。700MHz 駆動の ARM CPUコアや GPU、256MB RAM などを載せたBroadcom 製 SoC BCM2835 を心臓部に採用し、1080p 30fps H.264 動画のデコードや OpenGL ES 2.0 にも対応する処理能力を備えます。またカード大の底面積ながらUSB 2.0 や SD 、HDMI、LAN、RCAビデオ出力、アナログ音声出力、給電用microUSBなど豊富なインターフェースを備えること、さらに3000円以下と安価なことが特徴です。

RS Components での販売価格はRaspberry Pi (Type B) が1枚 21.60ポンド (約2800円) + 税、海外送料は4.95ポンド。あわせて約3400円。VAT (付加価値税)は日本からの注文にはかかりません。RS オンラインの日本語ページによると、注文はひとり1点のみ、現在は入荷待ち。