最近は HTML5のインタラクティブ要素でますますやんちゃになりつつある Google の記念ロゴが、今回は「開くジッパー」になっています。画面を縦に分割したジッパーはドラッグでつまんで開くことが可能。単なる一方通行のアニメーションではなく、上下に開け閉めすることもできます。お題としては、現在も使われているようなジッパー (線ファスナー) を開発した技術者 ギデオン・サンドバック氏の生誕132周年を祝う建前です。触れた物体にジッパーを出現させるイタリア系特殊能力者の気分になりたいかたは www.google.com へ。ギデオン・サンドバック氏はスウェーデン系の米国人です。念のため。