第4回『ニンテンドーダイレクト』での予告どおり、ニンテンドー3DS 本体更新の提供が始まりました。システムソフトウェアの最新バージョンは v4.0.0-7J。主な変更点は:

・『ニンテンドーeショップ』の更新。利便性向上。
・『HOMEメニュー』にフォルダ作成機能の追加
・ソフトのアップデート機能(パッチ機能) の追加
・そのほか安定性や利便性の向上.

システムバージョンは『本体設定』の上画面で確認できます。手動アップデートは『本体設定』>「その他の設定」以下、4ページ目の「本体の更新」から。あるいは、ネットにつながる環境ならば何もしなくても更新可否を尋ねられます。

ホーム画面のフォルダは、まとめたいアイコンをドラッグして重ねる......のではなく、何もない部分をタッチすることで作成します。任意で名前をつけて、アイコンをドロップしてまとめるだけ。

岩田社長時局演説で紹介されたのはパッチとフォルダだけでしたが、今回の更新ではeショップもインターフェースがかわりすっきりブラウズしやすくなっています。また更新後の初回起動時に、クラブニンテンドー会員IDと3DS本体をヒモ付けするよう求められるようになりました。登録すると eショップでの購入ゲームについてもキャンペーンやアンケート(点がもらえる) ができるようになります。また eショップの起動・接続も以前より早くなったようです。