PlayStation Vita 用 Skype アプリの配信が始まりました。日本 PS Store でもすでに無料でダウンロードが可能です。(ダウンロードには WiFi 環境が必要)。機能は Skype 側からの発表どおり、WiFi または 3G での音声およびビデオ通話。ビデオ通話では前面・背面のカメラを切り替えて使うことができます。また Skype の有料サービスを通じて一般の携帯電話・固定電話との通話にも対応します。

Vita 用 Skype はバックグラウンドでの待ち受けに対応するため、スタンバイ中やほかのゲーム / アプリを利用中にも着信通知を確認することが可能です。ゲームをしつつ Skypeはできないものの、一時停止して通話後に再開することはできます。PC版や モバイル OS 版と異なりテキストチャットには非対応。しかしステータスメッセージやプロフィールの編集は可能。テキストのやりとりならば、Vita には Twitter も純正のグループメッセージングもあります。

バックグラウンドでの待ち受けが有効な条件は、まずインターネットに接続していること (ネットワーク接続をオフにしたり占有するゲーム / アプリを使っていないこと)、Skype を起動していること、Skypeの " LiveArea " を剥がさない (タスク終了しない)こと。逆に待ち受け中はデータ通信や電池を使うため、止めたいときは LiveArea を剥がす必要があります。続きは Fatal1ty 解説動画を再掲。