三脚を走らせるドリー撮影ホイール CineSkates に小型モデル miniSkates

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2012年05月10日, 午前 07:09 in cineskates
0シェア
FacebookTwitter
Image

三脚に履かせる車輪アクセサリ CineSkates に、カメラやスマートフォン撮影用の小型版 miniSkates が加わりました。CineSkates は日本でもおなじみのくねくね三脚 JOBY GorillaPod の足に取り付けることで、滑らかに移動しながらの撮影を可能にするアクセサリ。

昨年発売されたオリジナルの CineSkates は大型カメラ用の三脚 GorillaPod Focus に対応していましたが、今回発表された miniSkates はもう少し小さなGorillaPod SLR-Zoom と併用します。miniSkates で使えるカメラの重量は1.5ポンド (約680g)まで。初代よりは小さいため「ミニ」と名付けられていますが、対応するゴリラポッドのSLR-Zoom は三脚としては最大3kgまで対応のわりと大きなモデルです。

スマートフォンや小型カメラを載せる台車(ドリー) はさまざまな製品が売られていますが、miniSkates はゴリラポッドの自由度を活かせる点が売り。たとえば車輪の角度を微妙に変えて回転させたり、三脚側を曲げてカメラを地面すれすれにぶら下げたりもできます。

miniSkates はメーカー Cinetics のオンラインストアですでに販売中。価格は miniSkates (3つ) と三脚 GorillaPod SLR-Zoom、自由雲台 Ballheadがセットになったシステムで150ドル、単品 95ドル。各国の小売店にもまもなく並ぶ予定です。続きは miniSkates で撮影した例を含むプロモ動画。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: cineskates, cinetics, GorillaPod, miniskates
0シェア
FacebookTwitter