動画:写真を立体モデルにする iPad アプリ Autodesk 123D Catch

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2012年05月11日, 午前 01:13 in 123d
0シェア
FacebookTwitter

CAD や 3D CGソフトウェアの AutoDesk が、写真を立体モデルに変換するアプリ 123D Catch の iPad 版をリリースしました。123D Catch は角度を変えた多数の写真から3D形状を推測し、立体モデルとして取り込むアプリ。机に乗るような小物から建造物まで、あるいは手ではとてもモデリングできない複雑な形状でも、十分な写真さえあればクラウド側の処理で3D化できることが特徴です。

ステレオ立体写真ではなく完全な3Dモデルを生成するため、結果はぐりぐりと回転させたりほかの3Dアプリにエクスポートしたり、あるいは3Dプリンタで立体物として出力することが可能です。実際の様子は続きに掲載した解説動画をどうぞ。

iPad版アプリの価格は無料。今のところなぜか日本のApp Store では提供されていませんが、123D Catch の立体モデル生成処理は AutoDesk のクラウドが実行するため、写真さえあればウェブアプリ版やデスクトップ版などから利用することもできます。





こちらは 123D Catch を意外な形で使ったショートフィルム。作者はフランスのアーティスト Stephane Gantelet 氏。

【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: 123d, 123d catch, 123dCatch, 3d, audodesk, ios, ipad
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents