バッファローの米国販売会社 Buffalo Technology が、次世代無線LAN規格 802.11ac 対応のルータ AirStation WZR-D1800H、およびイーサネットコンバータWLI-H4-D1300を米国で発売しました。同社によると、11ac規格対応の無線LAN製品の店頭販売は世界初。802.11ac は5GHz 帯を使い、従来の.11n よりも広い伝送帯域(チャンネル幅)や多いMIMOストリーム(nは最大4本、acは最大8本、より多い情報を送れる変調符号化などの技術でギガビット無線LANを実現する規格。

WZR-D1800Hは802.11acに加えて 5GHz / 2.4GHz帯の .11n にも対応し、5GHz帯で1300Mbps (※ 規格値 )、2.4GHz帯 802.11n の450Mbps (※ 規格値) と合計して 1750Mbps の最大速度 (※しつこいようですが規格値) をうたいます。有線ギガビットLANポートは4つ。イーサネットコンバータ (ブリッジ) のWLI-H4-D1300 のほうは4ポートのギガビットLAN端子を備え、ルータとあわせて有線LAN機器を 802.11ac の速度で接続します。

米国での店頭予想価格はどちらも179.99ドル。802.11ac対応機器は米国ではNetGear ほかのメーカーも発表しており、次世代無線規格はいち早く取り入れるアップル製品での導入も囁かれています。が、日本では総務省のお許しが出ていないため今のところまだ利用できません。