『au 発表会 2012 Summer』は5月15日午前10時から。今回も公式で Ustream 中継あり。速報は続きで更新中です。

スマートフォンは新機種 5モデル発表。クアッドコアの Arrows Z ISW13F、オトナの高級感 URBANO PROGRESSO、AQUOS PHONE の大画面 CG Silicon液晶&WiMAX端末 SERIE、スライド&テンキーのSL、メモリー液晶の CL。

このほかの端末はタブレット1機種(WiFi のみの東芝REGZAタブレットAT500)、ケータイ 4機種。また、Android 4.0採用のセットトップボックス au Smart TV BOXも発表。定額のコンテンツサービス「うたパス」「ビデオパス」をテレビでも楽しめる。

プレゼンの概要と質疑応答は続きに掲載しています。
.


10:02AM 「まもなく開始いたします」アナウンス。


10:05AM 「大変長らくお待たせいたしました」まずは田中社長から。


10:05AM みなさんおはようございます!KDDI社長の田中でございます!


10:06AM 4か月前に発表したスマートパスポート構成についておさらい。auスマートバリュー、auスマートパス、基盤の au ID。


10:09AM スマートバリューは全国のFTTH/CATV各社と提携、お得にスマートフォンを利用できる。開始2か月半で契約100万突破。auひかりやFTTHサービスと、家族四人でauスマホにすると1480 x 4 計5920円off! といった説明。


10:10AM スマートバリュー新規加入者の64.8%がMNP。「家族でスマホを」えらべる自由 au。本当に達成できたのかな、と思いうれしく思う。


10:11AM 続いて、auスマートパス。アプリ取り放題、auクラウドストレージ、クーポンやポイント、セキュリティソフトが定額で。この春に100万契約突破。390円 / 月。


10:11AM au スマートパス加入者は、加入前と比較して平均ダウンロード数が4倍に。「アプリをスマホで」楽しむ自由 au。


10:15AM 新発表。夏にはSTEP 2へ。「クラウドのなかに、もっともっとアプリを」。スマートフォンだけではないマルチデバイスへ。


10:19AM (ところで、新機種は htc J ISW13HT 、AQUOS PHONE ISW16SH (6月下旬)、AQUOS PHONE CL IS17SH (7月下旬)、AQUOS PHONE SL IS15SH (7月上旬、シャープ)、Arrows Z ISW13F (7月下旬、富士通)、URBANO Progresso (5月下旬、京セラ)。および、Galaxy S II 新色を6月下旬以降、XPERIA acro HDも新色を6月中旬以降。)


10:22AM 田中社長プレゼンは生活の2大エンターテインメント、音楽と映像について。従来のレンタルのデメリット。ユーザーの意識調査。聞きたいときにすぐ聞きたい!が大多数。「まああたりまえでございますけれど」(田中社長)。映画はもっと大画面で見たい (71%)。 etc 。ディスカバリや友人とのリコメンド etc 。新サービスへの前ふり。


au スマートパスに、クラウドベース、マルチデバイスの音楽・映画サービスを追加。同じ390円でタブレットにも。


「音楽と映画のフリートライアル」をスマートパスに追加。auは音楽と映画に拘ってきた。


「ビデオパス」サービス発表。


定額見放題、PC / テレビ / タブレットでも視聴可能。配信会社によってはDVDリリースと同時公開。


料金は 590円 / 月のワンプライス。毎月新作1本 (525円相当)をボーナス。 hulu (980円/月)より安い!見放題のラインナップも上!と主張。


音楽サービスは「うたパス」。


「パンドラに似ているサービス」。ポイントは邦楽・洋楽聞き放題、自分の好みの曲が流れる、ソーシャルフォロー。


選べないんじゃない、時間がない人でもぴったりな選曲で流れてくるチャンネルだからいいんだ、という導入。「たとえば「叫びたいときのJPOP」チャンネル」。


聞いている途中、ハートボタンまたはスキップで好みをカスタマイズ。チャンネルを育てる。


ソーシャルフォローは友人が今この瞬間に聞いている曲を一緒に聞ける。スキップすればこちらでも飛ぶ。友人のほかにCelebrityが何を聞いているか?も。


ビデオはフリートライアル2週間、音楽は最大3か月フリートライアル。スマートパス会員向け。うたパスは315円/月。


うたパスやビデオパスとFacebook との相性は抜群。連携を進める。さらにauサービスと Facebook の連携を進める。Open Graphを活用。


電話によるエリアサポートの電波サポート24。6月4日から、回答まで48時間では24時間へ。


LTEのプランは前倒し。年度末までに人口カバー率96%へ。


Wi-Fiは3月29日に10万スポットを達成済み。品質強化を進め、スポットのマークを更新中。高品質なWiFiネットワークを示すマークにしたい。


自宅では HOME SPOT CUBE。簡単設定や速度で好評を貰っている。2か月半で57万台。モバイルのトラフィックが多い23時台、CUBE利用者の66%がWiFiを(自宅で)使っている。オフロード大成功。


Wi-Fiと3Gのシームレス接続をさらに改善。切り替え時間を半分に短縮へ。


この夏から。


また、WiFi待ち受け時の電池消費が多いことが不満の声。この夏から改善、約2倍長持ちへ。


いよいよ端末の発表。


(スマートフォンの機種は速報記事をどうぞ。)


新発表。Android 4.0搭載のセットトップボックス。


Smart TV BOX。動画デモ。シンプルUI。うたパスやビデオパス、YouTubeのようなネット動画も。トライアルは夏開始。

ラップアップしてプレゼン終了。

続いて質疑応答。



11:10AM Q.
1. ビデオパス、うたパスの提供コンテンツ数は。未公開だが、数で勝負しないのか。
2. LTEについて。実人口カバー率の実際は。
3. LTEは4Gと呼んでいた。ウルトラ3Gではなく4Gと呼んだ理由は。


11:11AM A. コンテンツ数。3000番組でスタートしようと思っている。自信がないわけではない。最新ラインナップが入っていることについては、他社もやっていないはず。そちらにフォーカスを当てるため、数よりも強調した。

うたパスは、LISMO Unlimitedもあるように、コンテンツ数は多い。音楽業界とも非常によい循環ができる。次々と増やして行きたい。


11:13AM LTE。実人口カバー率の意味。従来の「人口カバー率」よりも正確な数字である。従来は役所なりがカバーされていれば、そのエリアはカバーされたという計算だった。今回はメッシュに含まれる人口で計算してより実情に近い。

呼び方。3.9Gと呼んでいたこともあるが、海外のオペレータなどでも4Gと呼んでおり、揃えていこうとしている。

(曲数はLISMO Unlimitedと同じなのか?A.おなじにしてゆこうと思っている)


11:14AM Q.
1. ビデオパス・うたパスの今年度契約者数の目標。
2. ビデオパスの対応端末について。タブレットのiOSについては?
3. アップルとの棲み分け。iPhoneとはどう分けるか。音楽・映像サービスはアップルの戦略とぶつかるが。


11:16AM A
1. 目標数。今回は開示していない。ただし、スマートパスは年度末500万を目標。うた・ビデオは数十万でやっていきたい。
2. 端末。Android先、それからPC。テレビについては、HDMIでつないで貰えば映る。また、今後はSTBでも。iOSはこれから調節。今後拡大する方向で進めたい。


11:17AM 3. LISMO Unlimited も iOSに乗った。われわれとしては、iOSでもテレビでも、マルチデバイス・マルチユースにしてゆきたいという思い。クパチーノともいろいろ交渉していきたい。

(Q. 端末について、iPhoneとの棲み分けは?)
A. 田中社長。棲み分けという風にはあまり考えていない。iPhoneが好きな人、Androidが好きな人それぞれ。今回はAndoridが多いが、iPhoneも進めてゆきたい。


11:19AM Q. マルチデバイスを強調していたわりには、タブレットは1機種で3Gにも対応していない。どういうことか。
A. 田中社長。マルチデバイスをやってゆきたい。世界的にも、3GなりLTEが入ったタブレットはまだまだ。わたし的には、これから強化してゆきたい、したゆく方向。「今、今日はこうなっている、というご理解で」。

質疑はあっという間に終了。