Twitter が Do Not Track ヘッダへの対応を発表しました。ニューヨークで開催された「Mozilla Do Not Track Special Event」の席上、米連邦取引委員会 FTC の 最高技術責任者 Ed Felten 教授が明らかにしたもので、Twitter も公式アカウントで言及し「DNT におけるFTCのリーダーシップを称賛する」としています。

Do Not Track (DNT) は、ターゲット広告などに利用されるトラッキングを拒否するための方法のひとつ。ユーザーがブラウザ側の設定でDNTを有効にすることで特別な HTTPヘッダが送られ、相手によっては尊重してくれる(かもしれない)仕組みです。

.
利点はブラウザ側の一律設定であるため、トラッキングCookie を仕掛けてくる業者ごとにオプトアウトの仕組みを探したり、オプトアウトを示すクッキーを管理する必要がないこと。またどこかの機関が作るブラックリストに頼らないこと。現在のところ、Do Not Track に対応するブラウザは提案したMozilla の Firefox をはじめ Internet Explorer 、 Safari、Opera など。Chromeは年内にも対応する見込み。

あくまでユーザーの意志を伝えるだけの仕組みなので、今回のTwitter のようにサービスの提供者側で対応する必要があり、尊重を強制させる技術は存在しません。しかしブラウザや大手サービス提供者で対応が進めば、標準としてDNTへの対応を義務づけて違反に行政側が対処したり、業界団体での自主規制に取り込まれることで実効性を持つことが期待されています。こうした理由から、Twitter のDNT支持は大きな動きです。なお、ターゲティング広告の比重が多い(というより本業) の Facebook は DNT をサポートしていません。

オンライントラッキング全般と、ブラウザベンダー各社の対策への取り組みは過去記事 「Mozilla と Google、MSに続きブラウザのプライバシ情報保護策を発表」あたりを参照。なお Mozilla Privacy Blog によると、現在 Firefox で DNTを有効にしているユーザーの割合はデスクトップ版で8.6%、モバイル版で19%とのこと。