京セラDIGNO DUAL WX04K発表、PHSと3G両対応の「話し放題」Androidスマートフォン

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2012年05月29日, 午後 01:35 in android
0シェア
FacebookTwitter

ウィルコムとソフトバンク合同の夏モデル発表会では、ウィルコム初のAndroid スマートフォンかつPHS / 3G 両対応の京セラ端末 DIGNO DUAL WX04K も発表となりました。ソフトバンクのULTRA SPEEDで高速通信(下り最大21Mbps) に対応しつつ、PHSに接続でき「だれとでも定額」プランも利用できるため、「話し放題スマートフォン」をうたっています。3Gはデータだけでなく音声通話にも対応。

仕様は4インチ800 x 480 液晶、1.2GHz デュアルコアプロセッサ、1GB RAM、2GBストレージ、microSDHCスロット。カメラは背面500万画素 / 前面30万画素。ほか802.11b/g/n WiFi、Bluetooth 2.1+EDRなど。赤外線とワンセグに対応し、本体はIPX5 / IPX7 の防水仕様です。おサイフケータイには非対応。Androidプラットフォームはバージョン2.3で出荷され、4.0へのバージョンアップも予定しています。.

デュアル端末として注目の料金プランは、ULTRA SPEED 使い放題の「ウィルコムプランD」が専用料金プランとして用意されます。料金は月額基本980円 + WEB接続料315円+3Gパケット定額5460円。またキャンペーン期間中の契約については、、「だれとでも定額」が無期限無料で含まれます。ただし3Gの通話は21円 / 30秒。ウィルコムプランD以外にも変更できますが、その場合は「だれとでも定額」は本来の980円 / 月オプションになります。

ウィルコムストア価格はW-VALUE SELECT 一括 / 24分割の合計ともに6万6000円、24か月分の割引き5万4000円 (2250円 x 24) を差し引いた実質負担は1万2000円。6月1日より先行予約を受け付け、6月21日に発売予定です。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: android, android 2.3, android 4.0, Android2.3, Android4.0, digno dual, DignoDual, kyocera, phs, softbank, willcom
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents