速報:マイクロソフト Windows 8 Release Preview 提供開始

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2012年06月1日, 午前 05:05 in microsoft
0シェア
FacebookTwitter


「6月第一週」の予告どおり、マイクロソフトがWindows 8 のプレリリース版 Windows 8 Release Preview の提供を開始しました。リンク先から日本語を含む13か国語版のセットアッププログラムまたは ISOイメージファイルをダウンロードできます。ISOのサイズは32bit版で約1.6GB、64bitは約1.9GB。

Release Preview はいわゆるリリース候補版(RC)と呼ばれていたもので、今年の後半に製品版 (厳密にはRTM, Release to Manufacturing版) がリリースされる前の最後の大きなマイルストーンにあたります。

前回の Consumer Preview (CP)から変わったのは、マイクロソフトおよびパートナー企業の一般ユーザー向けアプリが多数追加されたこと、またCPで導入された Mail, Photos, People などの基本アプリや IE10 がアップデートしたこと。そのほかスタート画面のカスタマイズオプションやマルチモニタサポートの改善など、全般に渡って機能の追加と調整が施されています。

必要なハードウェア要件は、以前のリリースとおなじく「Windows 7 が動くPC」。CPからのアップグレードにはクリーンインストールが必要です。

そのほか、[スタート]ボタンや[スタート]メニューはどこにありますか (A:スタート画面に置き換えられました。窓キーを押しましょう) や「コントロールパネルはどこにありますか」といった最初の疑問は こちらの日本語 FAQページで解消できます。さらに詳しい情報は英語版のプロダクトガイド (pdf) へ。

今後は順調に進めばあと2か月のうちにも RTMフェイズに入り、そこから各PCメーカーが製品に組み込む最終イメージを作成して、今年のホリデーシーズンには Windows 8 PCが店頭に並ぶ見込みです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: microsoft, windows, windows 8, windows 8 release preview, Windows8, Windows8ReleasePreview
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents