正式名「Wii U ゲームパッド」発表、NFC とIRリモコン搭載・アナログパッドはスティックに変更

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2012年06月4日, 午前 09:06 in e3 2012
0シェア
FacebookTwitter
The final Wii U What's new, different, gone
6月4日の朝っぱら7時から開催されたネット発表会 ニンテンドーダイレクト Pre E3 2012 より。任天堂の岩田社長が、Wii U のタッチ画面付きコントローラ「Wii U ゲームパッド」について、プロトタイプからの変更点や新機能について明らかにしました。

初めて発表された正式名称「Wii U GamePad」は、かつて任天堂が海外版ファミコンことNESを発表した際、ジョイスティックではない新しい入力デバイス 十字キーを備えたコントローラが「ゲームパッド」と呼ばれゲームコントローラの総称となったことに因むもの。(任天堂の日本語発表でもGamePadと英字表記)。






昨年公開のプロトタイプからの変更点としては、まず左右のアナログ方向入力が3DSのようなスライド式ではなく、押し込み入力もできるスティックに変更されました。また各ボタンが余裕をもった配置に変更され、全体の幅もやや広く、また背面もグリップしやすい形状になりました。これらの点は「ゲームコントローラであることに徹するため」(岩田)。




さらに新規の機能として、Wii U ゲームパッドは単体で赤外線テレビリモコンとして利用できます。Wii ではWiiリモコンからWii 本体の電源を入れる子ができましたが、テレビは操作できなかったため、とりあえずテレビのリモコンを取って入力切り替えなどをする必要がありました。Wii U ゲームパッドだけを手に取れば、テレビの操作とWii U 本体の電源オンがひとつで操作できます。





また今年の1月に唐突に追加発表されたNFC機能についても説明がありました。コントローラ左側の十字キー下にNFCリーダ / ライタを備え、たとえば追加アイテムをチップ入りカードやおもちゃの形で配布したり、あるいはNFC対応スマートフォンをタッチして連携することができます。システム側の対応により、少額課金サービスなどに対応できる点は1月に発表済み。(Wii U ゲームパッドを店舗のレジまで持ってゆくわけではありません。念のため)。



昨年発表からの概要をおさらいすれば、Wii U ゲームパッドはタッチやモーション対応のコントローラとして使えるほか、Wii U 本体から手元の画面へ「遅延なく」映像をストリーミングして高度なグラフィックのゲームを遊ぶことも可能。またカメラとマイクを備え、ビデオチャットにも対応します。Wii U 本体はWii U ゲームパッドのほか、従来のWii リモコンや周辺機器も変わらず利用可能。

さらにWii U ゲームパッドのタッチ画面以外の機能をフルに使えるハードコアなゲーム向け軽量コントローラ Wii U Pro コントローラもあわせて発表されています。

Wii U ゲームパッドの具体的な応用、また手元の画面を「ソーシャルウィンドウ」として使うネットワーク機能 Miiverse については発表記事のまとめをどうぞ。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: e3 2012, E32012, ir, miiverse, NFC, nintendo, wii, Wii U, WiiU
0シェア
FacebookTwitter