Windows 8 優待購入プログラム開始、DSP版含むWin 7から1200円でWindows 8 Pro アップグレード

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2012年06月4日, 午前 11:20 in microsoft
0シェア
FacebookTwitter
Image

日本マイクロソフトが、Windows 8 優待購入プログラムの詳細を発表しました。2012年6月2日から2013年1月31日までの期間中にWindows 7 PC またはDSP版 Windows 7 を購入した場合、1200円でWindows 8 Pro アップグレード版のダウンロード購入が可能になります。

優待価格でWindows 8 Pro を購入するには、Windows 7 PC またはDSPを期間内(1月31日まで)に購入したあと、2013年2月28日までに専用のウェブサイトから登録する必要があります。対象となるDSP版は、Windows 7 Home Premium、Professional、Ultimate。廉価版のWindows 7 Starter Edition の PC は対象になりません。

プログラムは6月2日以降の購入製品を対象にすでに始まっているものの、リンク先の登録サイトはまだ準備中の段階。現在は正式オープン通知メール用のフォームが置かれています。Windows 8 のエディション構成については以前の解説記事を参照。基本は 無印(従来の Home Premiumまで)と、Pro (従来のProfessional や Ultimate)の2種類です。ARMプロセッサで動くWindows RT も同時期にデビューするものの、そちらは専用に設計されたハードウェアにプリインストールのみで提供されます。

追記:OS全般についても懇切丁寧なWindows 8 日本語FAQ
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: microsoft, Windows 8, windows 8 pro, Windows RT, Windows8, Windows8Pro, WindowsRt
0シェア
FacebookTwitter