Xbox 360版 Internet Explorer ブラウザ発表、Kinect や SmartGlass 操作に対応

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2012年06月5日, 午前 04:10 in e3 2012
0シェア
Internet Explorer coming to Xbox 360, Kinect integration and all

E3 2012 のキーノートで、マイクロソフトが Xbox 360版の Internet Explorer ブラウザを発表しました。特徴は Windows 8 とおなじ IE 10 ベースでHTML5 やインタラクティブコンテンツに対応すること、コントローラに加えてKinect のジェスチャや音声コマンド、Xbox SmartGlass で携帯電話やタブレットからも操作できること (......)


競合するゲームプラットフォームでは一世代近く前からウェブブラウザに対応していますが、どちらかといえばメインで使いたい操作感ではなく、コンポーネントとして用意してある程度のものが大半でした。マイクロソフトは先進的なIE エンジンの高速性と互換性、また音声入力や SmartGlassを使った操作の容易さを特徴に挙げています。

Kinect では音声コマンドで操作したり、検索語を音声で入力することが可能。また同時に発表された iOS / Android / Windows / Windows Phone 連携機能 Xbox SmartGlass により、タブレットや携帯のタッチスクリーンでポインタ操作やタップ、さらにピンチズームのようなマルチタッチ入力にも対応します。動画やインタラクティブコンテンツの再生にも対応することから、マイクロソフトの表現は「Xbox SmartGlass は、あらゆるテレビをスマートテレビにする」。Xbox 360版 IE は SmartGlass と同様今年の秋にリリースされる予定です。

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: e3 2012, E32012, ie, ie 10, Ie10, internet explorer, internet explorer 10, InternetExplorer, InternetExplorer10, microsoft, smart tv, SmartTv, xbox 360, Xbox SmartGlass, Xbox360, XboxSmartglass
0シェア