Rumored nextgeneration iPhone casing gets handled in video


「流出した次世代 iPhone の背面ケース部品」(自称) がまたまた出てきました。上はパーツ販売業者の ETradeSupply が公開した比較動画。現行の iPhone 4S との違いは背が高くなっている (画面がその分広くなるならおそらく4インチ前後)、ドックコネクタ部分の幅が半分以下 (根強くうわさされている新型のミニDockコネクタ?)、ヘッドホンジャックが下にある、背面がツートンカラーでアルミ製、画面部分がない状態で比較してやや薄い、など。またSIMトレイ部品もやや幅が狭くなっています。(SIMカードそのものの規格が違うかは不明)。

つまりモノとしては、先日から出回っている「iPhone 5 の部品リーク」と同一のようです。アップル製品の発表前に本物の部品が出まわることは最近めずらしくありませんが、これが広く出回っているらしいから本物と判断できるかはまた別の話。現状の3.5インチ画面から大きくなっては困る派の皆さんにはあまり歓迎されそうにありませんが、無駄に背だけ育って画面はそのままかもしれません。